K4750.NET

Majestouch専用104英語配列・2色成型カスタムキーキャップ(SPKCS104D)

キーキャップパッケージ

キーキャップは真空パックのようなパッケージで送られてくる。

Cherry MX青軸

交換開始。初めてキーキャップを外したが、確かに Cherry MX 青軸だ!

パッケージ開封

開封したところ。キーキャップは黒ではなく、微妙に茶色い。質感はノーマルのキーキャップより断然ツルツル。触り心地は上々だ。

キーキャップ取り外し1

まずはアルファベットキーから外していく。

キーキャップ取り外し2

アルファベットキーをすべて取り外したところ。無心になって作業を続ける・・・。

キーキャップ
新旧キーキャップ比較

取り外し完了!

キーキャップ交換直前
Cherry MX青軸群
キーキャップ取り付け中1

そして、カスタムキーキャップを取り付けていく・・・。取り外しとは逆に、アルファベットキーは最後に取り付ける。

キーキャップ取り付け中2

アルファベットキー以外をすべて取り付けたところ。取り付けは楽ちん。

キーキャップ新旧比較拡大
キーキャップ取り付け中3

新しいキーキャップの方が一回り大きい。

キーキャップ取り付け中4

最近は、ゲーミングキーボードのようにWASD部分を別素材のキーキャップに変更しているのを見かけるが、、プログラミングするには違和感あるだろうなぁ・・・。

キーキャップ交換完了

取り付け完了!

完了後撮影

マットなノーマルキーキャップに比べ、テカテカツルツルなカスタムキーキャップ。先ほどのキーキャップ比較画像だと、そのサイズの差は微差ではあるが、実際の打鍵感は大きく変化する。また、打鍵音もより重厚になり、耳障りも個人的には好きな音になった。